KAMEchan

1番 頭を良くするのはランニング【一流の頭脳】

「運動ほど、脳に影響を及ぼすものはない。」 とりわけ効果の高い身体の動かし方とそのメカニズムを解説!
 

こんにちは!ランナーズハイテンション KAMEchan です。 


「運動と脳」の関係。1番、頭を良くするのは運動【一流の頭脳】の解説をします。ランニングで毎日汗流されているあなたにお伝えしたい。そんな内容になってます。とは言え、ランニングと言えば私の得意分野なのでぜひ最後まで読んでみてください。
アンダース・ハンセンさんが書かれた【一流の頭脳】私のランニング経験を基に今週と来週の2回に渡ってお届けいたします。

この本はこんな方ににオススメの本です
・賢くなりたい
・やる気を出したい
・仕事を効率よくこなしたい

気になった方は是非、読んでみてください

運動が健康にいいということは誰でも知っていることです。しかし運動が頭の良さや、性格の良さに影響を与えるということは、あまり知られていないと思います。

本書は、運動ってこんなメリットもあったんだ!これは運動しなきゃと思わせてくれる本です。
本書の結論をまとめると
・脳機能を上げたり、頭を良くするためには運動が最も有効である。
・運動する→体全体と脳の血流が増える→脳内で新しい細胞や血管が形成されたり、領域同士の結合が強化され、頭が良くなる。という一連の流れにより脳機能が上がる。

今週は「運動で脳が変わる」をテーマに解説していきます。

先ずは運動がもたらすメリットとして
気分が爽快になるだけでなく
集中力UP、記憶力UP、創造性UP、ストレスに対する抵抗力UPします。
また、思考速度が上がり記憶の中から必要な知識を効率的に引き出し、情報をすばやく処理できるようになります。
以上のことが、数々の研究成果が示す運動のメリットになります。

著者のアンダース・ハンセンさんによれば
「脳の機能を高めるには、戦略的に運動をする方が、パズルや脳トレよりはるかに効果がある。 このことを研究成果がはっきりと証明している。」

運動のメリットを短期的と長期的の2種類に分けて解説していきます。

運動による短期的メリット


・運動をした直後にドーパミンの分泌量が増える

ドーパミンは別名、やる気ホルモンです。人のやる気、活力、モチベーション、集中力、記憶力、快楽などに関わっている大事な脳内物質です。

運動を終えた数分後にドーパミンの分泌量が増え、数時間その状態が続くことが分かっています。
身体に与える負荷が大きいほどドーパミンの分泌量も増えるので理想的にはウォーキングよりもランニングの方が効果が高いです。

また、運動をすることで血行がよくなります。すると脳の血流が増えます。
ドーパミンの分泌量UPと脳の血流UPで脳機能が数時間向上します。これが短期的な運動のメリットです。

運動による長期的なメリット

・習慣的に運動を行うことで脳の前頭前野が発達する 


脳の血流が増えることで脳内に新しい細胞や血管が形成されます。それにより領域同士の結合が強化されます。
つまり頭が良くなります。

また運動により、脳内にBDNF(Brain-derived neurotrophic factor)という脳内物質が分泌されます。日本語で言うと脳由来神経栄養因子というものです。
このBDNFは簡単に言うと脳の栄養になる物質です。脳細胞の栄養的な役割です。
これにより脳細胞が増えたり、脳細胞の機能を維持したり、成長したりします。
これらの過程で脳の前頭前野が発達します。
脳の前頭前夜とは
・脳の最高中枢で一番大事
・やる気、集中力、記憶力、論理的思考、客観的思考
・行動や感情のコントロール
・コミニケーション力

などをつかさどる部分になります。なのでよく前頭前野は
「人を人たらしめている部分」だと言われています。

前頭前野が発達している人ほど、他人と良好な関係を築ける、長期的にみた有利な選択ができる。
その結果、社会的地位や経済的地位が高くなりやすい傾向にあると言われています。

運動によってこの前頭前野が発達すると言うことはとても大きなメリットです。

この長期的運動のメリットを得るための目安としては、
週に2、3回の運動を半年ほど続けることで自分でも実感できるほどに脳機能が上がるだろうと、著者は言っています。

運動はアイデア出しにも有効!

Appleの創業者スティーブ・ジョブズは、よく歩きながら会議を行うことを好んだとして知られています。
スティーブ・ジョブズは会議室のテーブルを囲んで話し合うよりも歩きながら意見を出し合う方が成果があると考えていました。

実際に、これは脳科学の観点からも理にかなっています。これらの流れを受けて、Facebook創業者のマークザッカーバーグや、Twitter創業者のジャック・ドーシーなどシリコンバレーの多くのビジネスエリートたちがこれに共感しウォーキングミーティングをとりいれています。

以上、今回は運動することでの「短期的メリット」「長期的メリット」と「アイデア出しに有効」について解説してみました。
ここまで読んで頂けると、運動したくなったと思われたと思います。

来週は、「運動によるやる気の最新科学」「具体的な運動方法」について解説していきますのでお楽しみに。

こんな感じで毎週、月曜日の朝に配信していきます。ご意見、ご感想、お待ちしてます。

それでは、
お互いに今日という一日を最高の一日にしましょう。

KAMEchanでした。  

  • この記事を書いた人

KAMEchan

【KAMEism Running Project】~「革新と挑戦」~ カッコいいパパであり続ける!をコンセプトに健康・家庭・仕事に関する情報を発信しています♪   チャンネル登録はこちらから → https://www.youtube.com/channel/UCE-u​... ★炎のYou TubeランナーKAME chan 【Twitter】 → https://twitter.com/kameracing001​ ランニングやトレーニング理論などを日々ツイートしてます♪ 一緒に練習してくれる仲間も募集中です。 ◎【KAME chan 情報】 主な成績 第34回全日本トライアストン皆生大会年代別優勝 第4回愛媛県双海トライアスロン大会総合優勝 第5回愛媛県双海トライアスロン大会準優勝 第55回愛媛マラソン大会 記録2時間37分47秒(自己ベスト) UNCOMMON2期卒業生

-KAMEchan

© 2021 KRP~KAMEism Running Project~ Powered by AFFINGER5